人気ブログランキング |

電話番号の変更

菊屋家住宅の電話番号が変わります。
4月1日から
0838-22-0005
となります。

この電話番号は、明治43年に萩市内で初めて
電話交換サービスが開始された時の電話番号「5番」
を受け継いできたものです。

菊屋家住宅の主屋に当時の電話室が残され
皆様にご覧いただいています。
この扉にくっきりと「5番」が明記されています。

これまでの電話番号0838-25-8282はFAX番号となります。
引き続きよろしくお願いいたします。


f0101949_11563285.jpg
電話室です
f0101949_11573692.jpg

# by kikuyake-jutaku | 2019-03-19 12:01

雛の呈茶

菊屋家住宅では2月3日から4月3日まで
菊屋家に伝わるお雛様を展示しています。

これに合わせ、3月16日(土)17日(日)、23日(土)24日(日)の4日間
雛の呈茶を実施します。

日頃、非公開としている新庭の茶室で、広大な庭を見ながら
お茶をお楽しみください。

入場料と合わせて料金は 1000円
受付でお買い求めください。
f0101949_08394444.jpg
f0101949_17263218.jpg

# by kikuyake-jutaku | 2019-03-14 08:44

3月になり、春を感じられる気候が続いています。

さて、先日は菊屋家住宅でテレビロケがありました。
地元山口県のテレビ局KRY山口放送と山形県のテレビ局が制作する
「山形VS山口 ニッポン列島東と西でローカルSHOW」
という番組。

山口放送で、毎日夕方の4時30分から「熱血テレビ」を担当されている
高橋裕アナウンサー高松綾香アナウンサーが出演され、
菊屋家住宅を基点として、山口県の魅力を山形県と比べながら放送されました。

山口県からは、基点となった菊屋家住宅、菊屋横丁を初め、元乃隅神社や周防大島のみかん鍋、瓦そばなどのグルメ情報、
お笑い講などが紹介されました。

放送日時は
3月23日(土)の午後2時30分から
4チャンネンル山口放送でオンエアー
必見です。
f0101949_16383138.jpg
ロケを見学して驚いたのは、
高橋裕アナウンサーの発声!活舌の良さとともに全身から発せられる「声」!!
力強くお腹から頭頂まで全身を使った素晴らしい声の響き!
アナウンサーってやっぱりすごいんだなと再確認しました。

3月23日放送を楽しみにしています。

○トリビア
なぜ、山口放送はKRYというの?
A:株式会社ラジオ山口のローマ字表記の頭文字をとったものです。歴史がありますね。



# by kikuyake-jutaku | 2019-03-12 16:46

萩城下の古き雛たち

2月3日。今日は節分です。今日の天気は雨ですが暖かく、春が近いことを実感することが出来ます。

菊屋家住宅では、今日2月3日からお雛様の展示を始めました。

展示している雛飾りは、菊屋家に代々受け継がれてきたものです。
11代当主の長女の誕生を祝った「御殿雛」飾りは、明治期に作られたもので、
京都御所の紫宸殿を模して作られ、内裏雛や官女などの芥子雛の表情や仕草は愛らしく、御道具類は美しい蒔絵が施された精巧なものです。
毛利家の家紋「澤瀉」の入った御道具や菊屋家の「杏葉菊」紋の御道具もあり豪華な雛飾りとなっています。
f0101949_10483960.jpg

また、書院には約300年前の「享保雛」と円山応挙の長男の円山応瑞の雛の掛軸を展示しています。
f0101949_10480462.jpg

大正時代の「有職雛」平成時代の雛飾りも展示し、江戸時代から明治、大正、平成の
各時代の雛飾りをご覧いただけます。
「元禄踊り人形」「狆引き女官」など美しく健やかな成長を願う御人形も飾り、
華やかな展示となっています。大人になってからの雛飾りをお楽しみください。
f0101949_10495197.jpg
f0101949_10502677.jpg
萩市内では、「萩城下の古き雛たち」として市内各所でお雛様を飾っています。
「萩城下の古き雛たち」
開催期間:平成31年2月3日~4月3日
展示会場:菊屋家住宅、旧久保田家住宅、萩。明倫学舎など全16施設

美しく華やかなお雛様が皆様のお越しをお待ちしています。




# by kikuyake-jutaku | 2019-02-03 10:57

菊屋家の雛飾り

大寒の時期、寒い日が続いていますが、梅の花が咲くなど春の息吹も感じられます。

まもなく2月。
萩市では、「萩城下の古き雛たち」として市内各所でお雛様が飾られます。

菊屋家住宅でも、2月3日から代々受け継いできたお雛様を展示します。
少しご紹介しましょう。
まず、書院では、「享保雛」と「円山応瑞」の雛の掛軸を飾ります。
主屋には、「御殿雛飾り」と「有職雛」を展示します。
この御殿雛飾りは御所の紫宸殿になぞらえた御殿に内裏雛と官女、楽人を飾ります。
その手前には美しい蒔絵の施された道具類を置き、豪華な雛飾りとなっています。
この他にも「元禄踊り人形」や「琴弾き人形」などお雛様にちなむ人形も飾り、
菊屋家住宅内は優しく華やかな雰囲気に満ち溢れます。
f0101949_10454681.jpg
御殿雛飾り
f0101949_09504698.jpg
有職雛と雛の掛軸
f0101949_09500094.jpg
琴弾き人形


「萩城下の古き雛たち」は、2月3日から4月3日まで。
菊屋家住宅でも、4月3日まで雛飾りの展示を行い、皆さまのお越しをお待ちしています。

# by kikuyake-jutaku | 2019-01-28 14:07