人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 44 )

9月の菊屋家住宅

9月、シルバーウィーク前半の3連休です。
まだまだ、暑い日が続いていますが、菊屋家住宅にも多くのお客様がいらっしゃってます。
和服の似合うお2人やご家族連れ、グループの皆様など多くの方々に
重要文化財に指定された江戸初期からの建築物や書院庭園などをお楽しみいただいています。
書院庭園の紅葉の色も真夏の緑とは少し趣を変えてきています。

f0101949_13441711.jpg

昨日は、JR西日本の特別列車「瑞風」のお客様にもお越しいただきました。
山陰本線下りコースの皆様です。お庭を見ていただきながらお抹茶を楽しんでいただきました。


さて、間もなく10月。
菊屋家住宅では、日頃、非公開としている「新庭」の特別公開を行います。
期間は10月1日(火)から12月1日(日)まで。
この新庭は、約500坪の枯山水様式の回遊式庭園で、秋の色づき始めた紅葉をお楽しみいただけます。
f0101949_11271012.jpg


また、10月1日からは「着物ウィークin萩」が始まります。(14日まで)
期間中の10月11日(金)・12日(土)・13日(日)は、
菊屋家周辺の萩城城下町地区では3000本の竹の灯籠に灯をともす竹灯路物語も開催されます。
f0101949_10531347.jpg


菊屋家住宅でもこれに合わせて、12日夜間特別開館を行います。
これは初めての試みで、皆さまに夜間の書院庭園と建物空間を楽しんでいただきたいと実施するものです。
時間は午後6時から。入館料は、500円。和服の方は無料、中高生以下の方も無料でご入場いただくこととします。お楽しみに。







by kikuyake-jutaku | 2019-09-16 11:31

菊屋家所蔵「草虫図」

テレビ番組「ぴったんこカンカン」で紹介され、注目された菊屋家所蔵の「草虫図」
東京都港区六本木の「泉屋博古館分館」で開催される
住友財団修復助成30周年記念「文化財よ、永遠に」で展示されることとなりました。

この「草虫図」は、南宋から元の時代の宮廷画家の作品で、
住友財団の助成を受けて、平成22~23年度に修復したものです。
全体の大きさは、縦182.3㎝、横211.5cmと大幅なもので、銭選の作ともいわれています。
f0101949_11294191.jpg
今回展示される住友財団修復助成30周年記念「文化財よ、永遠に」展は、
これまで住友財団が修復事業に助成をしてきた作品を集め、
泉屋博古館(京都)、東京国立博物館、九州博物館(福岡)、泉屋博古館分館(東京)の4か所で、
同時期開催されるものです。
「草虫図」は、東京都港区六本木の泉屋博古館分館に展示されることになっています。
期間は、9月10日(木)から10月27日(日)まで 開館時間は、10時~17時(入館は16時30分まで)
入館料は、一般600円となっています。

この展覧会では、港区指定文化財狩野一信筆の五百羅漢図のうち第27幅 六道鬼趣、重要文化財 長谷草紙、池大雅の比叡山真景図なども
展示される予定です。
f0101949_15544749.jpg

この機会に伝統の技術と最新の科学によって修復され、現在に伝わる美術品をご堪能ください。



by kikuyake-jutaku | 2019-09-03 15:56

菊屋家の夏

毎日、猛暑が続いています。
強烈な暑さにもかかわらず、多くのお客様にお越しいただいています。
ありがとうございます。

菊屋家の庭園には、多くの樹木があり、蝉たちの賑やかな声が響いています。

書院の庭園の縁側に、少しの間、腰を掛けてみましょう。
暑さの中に一風の涼を感じ、日頃の喧騒を忘れることが出来ます。

御成門から書院庭園を望みます。
f0101949_13041664.jpg

f0101949_13052907.jpg
書院座敷から庭園を眺めます。
正面中央の石が籠置石。大切なお客様の御籠を置く石です。
縁側からゆっくり庭園をご覧ください。
f0101949_13124275.jpg
蝉たちも元気な夏です。アブラゼミでしょうか。

f0101949_13143154.jpg
百日紅も咲き始めています。ピンクの花が鮮やかです。

f0101949_13160211.jpg
新庭では、秋の公開(10月1日から12月1日予定)に向け、しっかりした管理を行っています。


菊屋家住宅では、今年の夏は、入場料のファミリー割引を行っており、家族連れの皆様に大好評をいただいています
ファミリー割引は、中高生以下のお子様連れのご家族を対象として、保護者の方2名様までを団体料金500円で、お子様の料金は2人目以降の方を無料とするもので、毎日多くの皆様にご利用いただいています。

まだまだ、暑い日が続く様ようですが、菊屋家住宅の夏をお楽しみください。

by kikuyake-jutaku | 2019-08-12 13:56

梅雨明けとともに、強烈な暑さが続きます。
夏本番です。
今年始めた入場料のファミリー割引も好評をいただき、
多くのご家族連れの皆様にご利用、ご来館いただいています。


さて、今回はビッグなお知らせです。
毎週金曜日の午後8時TBS系列で放送されている「ぴったんこカンカン」
名家部コーナーで菊屋家が登場、放送されることが決定しました。

日時は、今週の金曜日8月2日の午後8時、全国放送されます。

名家部の出演者は、古舘伊知郎さん、石原良純さん、清水ミチコさん、そして理事長の菊屋吉生。
古舘伊知郎さんの進行と良純さんと清水さんの軽妙なボケ具合いで楽しく番組作りは進められました。
番組では、重要文化財に指定された建物や広大な庭園が紹介されるとともに、
菊屋家に伝わる萩焼や屏風絵、掛軸などが紹介されます。

f0101949_11294191.jpg
なかでも圧巻なのは、中国絵画「草虫図」
これは、中国・南宋から元の時代の画家、銭選のものとされていますが、
横幅の大幅の極めて珍しいもので、見ごたえ十分です。

f0101949_11313660.jpg
f0101949_11323994.jpg
この他にも、常設の屏風絵や電話室なども紹介されるかもしれせん。
金曜日の放送、楽しみですね。
乞御期待!!


by kikuyake-jutaku | 2019-07-30 11:39

今日は、海の日。
いよいよ、待望の夏休みが近づいてきました。

菊屋家住宅では、夏休み期間中、ご家族連れの皆様にご利用していただきやすくするために、今年からファミリー割引を実施することにしました。

お子様連れのご家族で、ご入場いただく場合、入館料を、
保護者の方は(お2人まで)、団体料金500円。お子様は2人目からは無料とさせていただきます。
期間は、7月20日(土)から9月1日(日)まで。

世界遺産の構成資産となっている、江戸時代からの歴史的建造物=国指定重要文化財を体験してください。
夏休みの研究課題が発見できるかもしれません。

また、1928年(昭和3年)のアメリカ大リーグのワールドシリーズの入場チケットやニューヨーク・フィルのコンサートのプログラムなど、胸ワクワクの展示物も公開中です。

f0101949_10021097.jpg


お待ちしています。






by kikuyake-jutaku | 2019-07-15 10:04

七夕に素敵なカップル

7月7日は七夕。
織姫と彦星が会うことが出来る日です。

菊屋家住宅にも素敵なカップルの訪問がありました。
下松市にお住いの長谷さんと裕子さんです。

10月にご結婚されるということで、記念写真の撮影に来られました。
二人をお祝いするように、梅雨にもかかわらず、撮影日和となり、カメラマンの方も張り切られ気合の入った撮影となりました。
f0101949_14520653.jpg
撮影途中、少しお邪魔させていただきました。
f0101949_15042935.jpg
菊屋家住宅の庭園と和風のお二人の雰囲気がピタリ。

琴座のベガが織姫、鷲座のアルタイルが彦星(牽牛)とされています。
夏の夜空に輝く二つの星のように幸せなご家庭を築かれますようお祈りしています。


by kikuyake-jutaku | 2019-07-08 17:05

91年前のアメリカ大リーグ、ワールドシリーズの入場券が発見されました。

1928年の第25回ワールドシリーズはアメリカン・リーグの覇者ニューヨーク・ヤンキースとナショナル・リーグのセントルイス・カージナルスとの対戦でした。

このチケットは、105日開催の第2戦のニューヨーク・ヤンキースタジアムの入場チケット。

このたび、菊屋家の親戚にあたる勝津家で見つかりました。

f0101949_14134756.jpg

91年前のヤンキースタジアムで、一人の日本人がワールドシリーズを観戦し、その時の入場券が残されています。何ということでしょう。


試合の結果のは次の通り。

チーム     1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E

カージナルス  0 3 0 0 0 0 0 0 0 3 4 1

ヤンキース   3 1 4 0 0 0 1 0 Ⅹ 9 8 2

勝:ジョージ・ピップグラス

負:ピート・アレクサンダー

本:NYYルー・ゲーリック

観客動員数:60,714人

1928年のニューヨーク・ヤンキースは、ベーブ・ルースやルー・ゲーリックを擁し、黄金時代を迎えていました。

シリーズは40でニューヨーク・ヤンキースが2連覇しました。


このチケットと合わせて、ニューヨーク・フィルハーモニックのカーネギーホールでのコンサートのプログラムやバレエのアンナ・パヴロワの公演チケットなども見つかり、当時の世界文化の最先端のニューヨークの賑やかさを感じることが出来ます。


ニューヨーク・フィルハーモニックのプログラム

1928104日(木)から107日(日)までの4日間、午後、夜間に行われたコンサートのプログラム。


ニューヨーク・フィルハーモニックは、1928年ニューヨーク交響楽団を吸収し、ウィレム・メンゲルベルクを常任指揮者として、カーネギーホールを本拠地とし活動していました。
プログラムには、ベートーヴェンモーツァルトストラウスシューベルトなどの名が見えます。

f0101949_14373155.jpg

アンナ・パヴロワ公演入場券

アンナ・パヴロワは、ロシア生まれのバレリーナ。1881年サンクトペテルブルクに生まれ、マリインスキー・バレエに入団し、「瀕死の白鳥で」話題となりました。

1911年バレエ団パヴロワ・カンパニーを結成し、イギリスを中心に世界中で公演を行い、1922年(大正11年)には日本国内都市でも公演が行われました。  

 このチケットは、1922115日(日)オリンピック劇場で行われた公演の入場券。


f0101949_14343328.jpg

この他、マーチン・ベック劇場の入場券、カナダ鉄道の乗車券の半券など古きアメリカの香りを伝えるチケットを展示しています。胸ワクワクでご覧ください。





by kikuyake-jutaku | 2019-07-04 14:58

クルーズ客船 萩寄港

6月になりました。
萩のまちには、今日も初夏のさわやかな風が吹いています。

さて、先日5月27日には菊屋家住宅にクルーズ客船「シルバー・エクスプローラー」号と
「ル・ソレアル」号のお客様をお迎えしました。


「シルバー・エクスプローラー」号は、
総トン数6,072トン、全長107.91ⅿ、乗客定員144名の客船で
今年、山口県に初めて寄港し、先日は5月16日に続き2回目の萩寄港でした。
オーストラリア、ニュージーランドからのお客様で、萩城跡や萩城城下町を見学されたようです。
f0101949_14032633.jpg
f0101949_14034734.jpg
また、「ル・ソレアル」号は、
総トン数10,990トン、全長142m、乗客乗員264人で
今回の萩寄港は初めてでした。
f0101949_14035675.jpg

f0101949_14040593.jpg
「ル・ソレアル」号は沖合停泊で、小型の上陸用ボートで上陸され、萩市内を見学され、菊屋家住宅にお越しくださいました。

萩市には、今年も4月1日の「カレドニアン・スカイ」号を初め、既に8回のクールズ客船が寄港しています。
今も江戸時代の町なみ景観が残されていることで、ユネスコの世界遺産登録を受けた萩のまちを海から訪問され楽しんでいただいています。


新庭の公開
f0101949_14272312.jpg
ことしは、新庭の公開時期を少し早め、4月13日から6月16日までとしています。
梅雨入り時期も近づき、間もなく庭の手入れの時期となります。
公開終了の期日も迫ってきました。
梅雨入り前のこの時期、目に鮮やかな新緑の日本庭園をお楽しみください。

by kikuyake-jutaku | 2019-06-01 14:38

端午の節句

今日は、5月5日。こどもの日です。
萩市内は、気温もどんどん上昇し28度を超え、本年最高となっています。
10連休も今日と明日を残すのみとなりましたが、今日も多くのお客様をお迎えしています。
先ほど、奇兵隊のパレードがあり城下町もより一層の賑わいを見せていました。
f0101949_14410241.jpg
5月5日は端午の節句。子どもたちの健やかな成長を願い、
鯉のぼりを揚げたり武者人形、五月人形を飾ります。
菊屋家でも館内に多くの武者人形等を展示しています。
子どもたちの無病息災を祈る鍾馗像は館内に4点展示されています。
また、江戸時代、大正、昭和の3代の鎧武者飾りも見ごたえがあります。
逞しく雄々しく育ってほしいとの願いは、いつの時代も共通です。

f0101949_14474802.jpg
右から、江戸時代、昭和、大正の兜飾り
f0101949_14511178.jpg
鍾馗像
館内の4点の鍾馗像を探してください。待ってます。


by kikuyake-jutaku | 2019-05-05 14:58

祝 令和

新元号「令和」となりました。新しい時代を迎えることを謹んでお慶び申し上げます。
「令和」の時代が素晴らしいものになりますよう祈念するものです。

さて、本日は「即位の日」。重要文化財菊屋家住宅では多くの皆様をお迎えしています。
現在、書院床の間では「萬歳旛」を展示しています。これは、昭和天皇の即位の礼の際に使われた萬歳旛を縮小したもので、
当時の総理大臣の田中義一公からいただいたものです。
本年10月に予定されている即位の礼に際しても萬歳旛が使われると思いますが、昭和天皇即位の礼の萬歳旛をご覧ください。
f0101949_11595377.jpg

現在公開している新庭もツツジが満開となり、一層鮮やかさを増しています。
呈茶席を設けていますので、お庭をご覧になりながら抹茶もお楽しみください。
f0101949_12041109.jpg
f0101949_12053316.jpg

令和元年5月1日の本日、素敵なカップルをお迎えしました。
お呈茶を楽しんでくださいました。
ありがとうございました。


f0101949_09245148.jpg

by kikuyake-jutaku | 2019-05-01 12:05