人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 50 )

書院庭園のライトアップ

菊屋家住宅では、書院及び主屋の夜間特別開館を行います。
11月16日(土)午後6時から。

菊屋家住宅の夜間開館は初めての試みです。
美しく色づいた江戸時代からの庭園をライトアップします。
また、重要文化財に指定された主屋座敷も主屋やさしく行燈で照らします。
静かな秋の夜長、
世界遺産に登録された城下町の真ん中に浮かび上がる庭園美をお楽しみください。
f0101949_16152108.jpg

f0101949_16180874.jpg
今日の書院庭園。綺麗ですよ。

日時令和元年11月16日(土)午後6時~8時
開館場所重要文化財菊屋家住宅 書院及び主屋
入館料特別料金 大人450円 和服の方、中高生以下の方は無料

by kikuyake-jutaku | 2019-11-14 16:22

現在、特別公開している菊屋家住宅の「新庭」の紅葉も進んできました。
多くのお客様をお迎えし、土曜日、日曜日にはお抹茶の席も設け、秋の庭園をお楽しみいただいています。
今日の「新庭」です。色づき始めてます。

f0101949_10145888.jpg
f0101949_15115050.jpg
f0101949_15081320.jpg



さて、11月2日(土)から菊屋家住宅の書院で
雪舟の「破墨山水図」の展示を行います。
雪舟の真筆は数少く、この「破墨山水図」は雪舟の晩年の作品で、中国(明)の長安の風景を思い出して描かれたものです。

f0101949_09474992.jpg
TBS系のテレビ番組「ぴったんこカンカン」でも紹介され、
お客様からも展示の要望の強かった雪舟の作品「破墨山水図」を
是非ご覧ください。
展示期間:令和元年11月2日(土)~12月1日(日)

by kikuyake-jutaku | 2019-10-27 10:18

萩・竹灯路物語 開催

10月12日午後6時から萩・竹灯路物語の開会式が
萩城城下町香雪園で行われました。
昨日は、強風のため4000個の竹灯籠への点火はできませんでしたが、
菊屋横町の一部竹灯籠に灯りがともされました。
f0101949_10320831.jpeg
昼間の風景とは異なる柔らかな灯りに、菊屋家住宅の白壁となまこ壁がうかび上がり
やさしい気持ちにさせてくれます。
本日の萩・竹灯路物語の点灯も、台風による強風のため中止となりました。残念ですね。

また、菊屋家住宅でも、本日、書院庭園をライトアップする夜間特別開館を行う予定でしたが、
強風のため、残念ながら中止とさせていただきます。
初めての取組で、一同、気合を入れて準備していただけに残念です。
イメージはこんな感じです。
f0101949_10435234.jpg

夜間のライトアップは、また日にちを改めて実施しますのでお楽しみに。




by kikuyake-jutaku | 2019-10-12 10:53

着物ウィークお茶会

10月1日から着物ウィークin萩が始まって、初めての日曜日。
菊屋横町にも多くの着物姿の皆さんが散策を楽しまれています。

f0101949_14194362.jpg

今日は、茶道裏千家淡交会 萩青年部の皆さんが
菊屋家住宅の新座敷でお茶会を開催されています。
f0101949_14293500.jpg

今回は、お茶会に合わせて、お茶会未経験の方を対象に、
お点前、お茶会体験ができる「着物で茶道体験」のイベントも行われ、
高校生、大学生など参加者の皆さんは、
お辞儀の仕方からお茶の飲み方、お菓子やお茶の出し方など、
初めてのお茶会体験をされています。
緊張もあるかもしれませんが、皆さん大変楽しそうです。
f0101949_14203918.jpg

f0101949_14233694.jpg


菊屋家を中心とする萩城城下町一帯は、
本当に着物姿が似合う町です。
着物でまち歩きをお楽しみください。

10月11日からは、萩・竹灯路物語が始まります。
菊屋家住宅も12日(土)には、夜間開館を行います。
書院庭園のライトアップ。初めての試みです。
時間は、10月12日の18時から20時まで
料金はおひとり様、500円。(中高生、小学生は無料)
着物の方は無料とさせていただきます。
普段見ることのできる庭園とは異なる庭園風景をお楽しみください。
お待ちいたしております。

by kikuyake-jutaku | 2019-10-06 15:37

新庭の特別公開

いよいよ10月になりました。
菊屋家住宅では、今日から新庭の特別公開を開始しました。
この庭は、約500坪の枯山水様式の回遊式庭園です。
紅葉の方も少し色を変え始め、秋空の下、ゆったりした庭園散策が楽しめます。
本日は、初日ですが、関東地方からのお客様、イスラエルからのご夫妻、
香港からの団体様など多くのお客様をお迎えしています。
新庭の特別公開の期間
10月1日(火)から12月1日(日)まで
10月12日(土)からの土日には呈茶席を設けます。
料金は、入館料と合わせて1100円です。

日頃の喧騒を忘れさせてくれることと思います。
f0101949_14344064.jpg
新庭の入口です。ワクワクします。

f0101949_14361809.jpg
色を変え始めた紅葉。緑の松とのマッチングが庭の見どころです。
f0101949_14410104.jpg
芝生の緑も綺麗です。
f0101949_14371317.jpg
多くのお客様にお越しいただいています。

萩のまちでは、今日から着物ウィークin萩が始まりました。
萩城城下町を中心に着物姿の方々が町散策を楽しまれています。
菊屋横町にも素敵な笑顔の女性が。
f0101949_16143869.jpg
着物ウィークは、10月1日(火)から10月14日(月)まで。
着物が似合うまち・萩を着物姿で歩いてください。

11日(金)から13日(日)の期間には
萩・竹灯路物語が開催され、
12日(土)には菊屋家住宅で夜間特別開館を行います。

10月は萩城城下町で熱いイベント盛りだくさんです。
楽しみ満載!お楽しみください。



by kikuyake-jutaku | 2019-10-01 16:15

秋の新庭特別公開

台風が通り過ぎ、
萩の空は、秋を感じさせる爽やかな晴天となっています。
f0101949_16234136.jpg
秋の青空が眩しく

さて、菊屋家住宅では10月1日から秋の新庭の特別公開を行います。
この新庭は、江戸期にあった庭に、明治期・昭和期に大規模な作庭を行い
現在の庭となったもので、約500坪の面積の枯山水様式の回遊式庭園です。
世界遺産に登録された萩城城下町の真ん中にゆったりと広がる庭園です。
周囲には楠木などの高木を配置し、その内側に緑の松やマキ、
そして色の変化を楽しめる紅葉などを植え、
季節にあわせた庭園散策が楽しめる庭となっています。
f0101949_16250528.jpg
少し、秋の色に変化し始めた新庭
f0101949_16265098.jpg
皆さんをお迎えするために廣兼造園の社長さんも剪定作業を急いでいます。


新庭の特別公開は、10月1日(火)から12月8日(日)まで。
期間中の土日には呈茶も行うこととしています。
呈茶実施予定 10月12・13日 19日 26・27日
       11月2・3日 9・10日 16・17日 23・24日
入館料 大人620円 中高生300円 小学生200円
抹 茶 600円
入館料+抹茶セット 1100円

f0101949_11271012.jpg
10月1日からは着物ウィークも始まります。
江戸時代の景観がそのまま残る萩城城下町の中心に広がる
庭園散策をお楽しみください。


by kikuyake-jutaku | 2019-09-24 16:44

9月の菊屋家住宅

9月、シルバーウィーク前半の3連休です。
まだまだ、暑い日が続いていますが、菊屋家住宅にも多くのお客様がいらっしゃってます。
和服の似合うお2人やご家族連れ、グループの皆様など多くの方々に
重要文化財に指定された江戸初期からの建築物や書院庭園などをお楽しみいただいています。
書院庭園の紅葉の色も真夏の緑とは少し趣を変えてきています。

f0101949_13441711.jpg

昨日は、JR西日本の特別列車「瑞風」のお客様にもお越しいただきました。
山陰本線下りコースの皆様です。お庭を見ていただきながらお抹茶を楽しんでいただきました。


さて、間もなく10月。
菊屋家住宅では、日頃、非公開としている「新庭」の特別公開を行います。
期間は10月1日(火)から12月1日(日)まで。
この新庭は、約500坪の枯山水様式の回遊式庭園で、秋の色づき始めた紅葉をお楽しみいただけます。
f0101949_11271012.jpg


また、10月1日からは「着物ウィークin萩」が始まります。(14日まで)
期間中の10月11日(金)・12日(土)・13日(日)は、
菊屋家周辺の萩城城下町地区では3000本の竹の灯籠に灯をともす竹灯路物語も開催されます。
f0101949_10531347.jpg


菊屋家住宅でもこれに合わせて、12日夜間特別開館を行います。
これは初めての試みで、皆さまに夜間の書院庭園と建物空間を楽しんでいただきたいと実施するものです。
時間は午後6時から。入館料は、500円。和服の方は無料、中高生以下の方も無料でご入場いただくこととします。お楽しみに。







by kikuyake-jutaku | 2019-09-16 11:31

菊屋家所蔵「草虫図」

テレビ番組「ぴったんこカンカン」で紹介され、注目された菊屋家所蔵の「草虫図」
東京都港区六本木の「泉屋博古館分館」で開催される
住友財団修復助成30周年記念「文化財よ、永遠に」で展示されることとなりました。

この「草虫図」は、南宋から元の時代の宮廷画家の作品で、
住友財団の助成を受けて、平成22~23年度に修復したものです。
全体の大きさは、縦182.3㎝、横211.5cmと大幅なもので、銭選の作ともいわれています。
f0101949_11294191.jpg
今回展示される住友財団修復助成30周年記念「文化財よ、永遠に」展は、
これまで住友財団が修復事業に助成をしてきた作品を集め、
泉屋博古館(京都)、東京国立博物館、九州博物館(福岡)、泉屋博古館分館(東京)の4か所で、
同時期開催されるものです。
「草虫図」は、東京都港区六本木の泉屋博古館分館に展示されることになっています。
期間は、9月10日(木)から10月27日(日)まで 開館時間は、10時~17時(入館は16時30分まで)
入館料は、一般600円となっています。

この展覧会では、港区指定文化財狩野一信筆の五百羅漢図のうち第27幅 六道鬼趣、重要文化財 長谷草紙、池大雅の比叡山真景図なども
展示される予定です。
f0101949_15544749.jpg

この機会に伝統の技術と最新の科学によって修復され、現在に伝わる美術品をご堪能ください。



by kikuyake-jutaku | 2019-09-03 15:56

菊屋家の夏

毎日、猛暑が続いています。
強烈な暑さにもかかわらず、多くのお客様にお越しいただいています。
ありがとうございます。

菊屋家の庭園には、多くの樹木があり、蝉たちの賑やかな声が響いています。

書院の庭園の縁側に、少しの間、腰を掛けてみましょう。
暑さの中に一風の涼を感じ、日頃の喧騒を忘れることが出来ます。

御成門から書院庭園を望みます。
f0101949_13041664.jpg

f0101949_13052907.jpg
書院座敷から庭園を眺めます。
正面中央の石が籠置石。大切なお客様の御籠を置く石です。
縁側からゆっくり庭園をご覧ください。
f0101949_13124275.jpg
蝉たちも元気な夏です。アブラゼミでしょうか。

f0101949_13143154.jpg
百日紅も咲き始めています。ピンクの花が鮮やかです。

f0101949_13160211.jpg
新庭では、秋の公開(10月1日から12月1日予定)に向け、しっかりした管理を行っています。


菊屋家住宅では、今年の夏は、入場料のファミリー割引を行っており、家族連れの皆様に大好評をいただいています
ファミリー割引は、中高生以下のお子様連れのご家族を対象として、保護者の方2名様までを団体料金500円で、お子様の料金は2人目以降の方を無料とするもので、毎日多くの皆様にご利用いただいています。

まだまだ、暑い日が続く様ようですが、菊屋家住宅の夏をお楽しみください。

by kikuyake-jutaku | 2019-08-12 13:56

梅雨明けとともに、強烈な暑さが続きます。
夏本番です。
今年始めた入場料のファミリー割引も好評をいただき、
多くのご家族連れの皆様にご利用、ご来館いただいています。


さて、今回はビッグなお知らせです。
毎週金曜日の午後8時TBS系列で放送されている「ぴったんこカンカン」
名家部コーナーで菊屋家が登場、放送されることが決定しました。

日時は、今週の金曜日8月2日の午後8時、全国放送されます。

名家部の出演者は、古舘伊知郎さん、石原良純さん、清水ミチコさん、そして理事長の菊屋吉生。
古舘伊知郎さんの進行と良純さんと清水さんの軽妙なボケ具合いで楽しく番組作りは進められました。
番組では、重要文化財に指定された建物や広大な庭園が紹介されるとともに、
菊屋家に伝わる萩焼や屏風絵、掛軸などが紹介されます。

f0101949_11294191.jpg
なかでも圧巻なのは、中国絵画「草虫図」
これは、中国・南宋から元の時代の画家、銭選のものとされていますが、
横幅の大幅の極めて珍しいもので、見ごたえ十分です。

f0101949_11313660.jpg
f0101949_11323994.jpg
この他にも、常設の屏風絵や電話室なども紹介されるかもしれせん。
金曜日の放送、楽しみですね。
乞御期待!!


by kikuyake-jutaku | 2019-07-30 11:39