人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 56 )

紅梅

寒の入りを迎えましたが、穏かな天気の日が続いています。
菊屋家住宅の書院庭園の紅梅が咲き始めました。
紅梅_f0101949_10593369.jpg
書院庭園にはあまり花が咲く樹木はありませんが、数本植えられている梅の木の花が咲き始めています。
白梅の方はまだつぼみです。
まもなく、上品な白い花が咲いてくるものと思われます。
紅梅_f0101949_11072957.jpg
この他にも椿の花も咲き始めていますが、今年は少し咲が遅いようです。

紅梅_f0101949_11012622.jpg
これから大寒になりますが、
立春を迎えると庭園の花々も一気に花開くと思われます。

紅梅_f0101949_11003871.jpg

紅梅_f0101949_11023417.jpg
寒い中でも、春の足音が確実に聞こえています。
梅花香る書院庭園をご覧ください。


by kikuyake-jutaku | 2020-01-10 11:29

菊屋家住宅の鏡餅

お天気に恵まれた穏かなお正月三が日となっています。
菊屋家書院に飾っているの鏡餅をご紹介しましょう。

菊屋家住宅の鏡餅_f0101949_10390714.jpg
お餅に様々な縁起の飾りをしています。
奉書紙で三角形を作っていますが、これは武者兜をイメージするものです。
この紙に朱で三つの○印を付けていますが、これは壽の漢字を略したものです。

お餅の上には橙(だいだい)を載せています。橙は成熟した実をならせると同時に、次の実を結実させていて、代々栄えるという意味合いがあります。
干し柿は、両端に2個、内側に6個、合計10個の柿の実を付けたものですが、ニコニコなかむつまじくということです。
黒く長い神波草(じんばそう)という海藻を乾燥させものを飾り付けていますが、海藻の繁殖力の強さから、子孫繁栄を願うものです。
昆布は、よろこぶ。スルメは、日持ちがよく末永く幸せが続くように。

お餅の下には、ウラジロを敷いていますが、これは夫婦がともに白髪になるまで。
ユズリハは、春に若葉が出た後に、前年の葉が代を変わるように落葉することから、家が代々続いていくようにとの願いを込めたものです。

ご家庭の鏡餅もいろいろな願いを込めて飾られていると思いますが、
菊屋家に伝わる鏡餅をご覧ください。

by kikuyake-jutaku | 2020-01-03 11:33

2020年の年明けを迎えました。
皆様には、穏やかな新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
新年明けましておめでとうございます_f0101949_16463122.jpg
今年は、オリンピックイヤー。
世界中から多くの選手が日本に集まり競い合います。選手の皆さんの活躍をお祈りいたします。

新年明けましておめでとうございます_f0101949_16475049.jpg
今年は萩市が世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産に登録されて5年となります。
萩市は、明治維新前の江戸期の遺産をよく残していることから構成資産となりました。
なかでも菊屋家住宅が所在する萩城城下町地区は、江戸時代の風景がそのまま残されています。
菊屋家住宅は江戸時代初期からの建築物を保存・継承し、多くの皆様方にご来館いただいています。
本年も多くの皆様にご来館いただけるよう細心の管理に努めるとともに、
時季、時季にあわせたものを展示するなど、
ご来館された皆様方にお楽しみいただけるよう工夫してまいります。

新年明けましておめでとうございます_f0101949_16512833.jpg
本年が皆様方にとって素晴らしい一年になりますように祈念するとともに、
皆様方のご来館を心よりお待ちいたしております。


by kikuyake-jutaku | 2020-01-01 00:00

門松飾り

本日は12月26日。今年もあとわずかとなりました。
菊屋家住宅では、本日門松の飾りつけを行いました。
この門松は、江戸時代中期の門松を再現したもので、
「三蓋の松」と呼ばれる三段に枝分かれをした黒松と赤松を使用しています。
長屋門入口に向かって右側に黒松、左側に赤松を配置し、
クヌギの木を円錐状に下ろし、その上に藁縄を隙間なく巻き付けていきます。
通常は一年12月にちなみ12本のクヌギを使いますが、
来年は閏年ですので、今回は13本のクヌギを使いました。
朝、8時30分から約5時間をかけ古式の門松が完成しました。

門松飾り_f0101949_16545711.jpg
門松飾り_f0101949_16563855.jpg

門松飾り_f0101949_16575890.jpg
令和になって、初めてのお正月を迎える準備も進んできました。

菊屋家住宅は12月31日を休館とし、
令和2年元旦10時から開館します。
皆様方のお越しをお待ちいたしています。

by kikuyake-jutaku | 2019-12-26 16:59

11月も残りわずか。
新庭の特別公開を10月1日から行ってきましたが、
大変ごご好評をいただきリピーターの方も来られ嬉しく思っています。
紅葉のシーズンも最終盤となっていますが、ご好評にお応えし、
期間を12月10日(火)まで延長することといたしました。
晩秋の庭園散策をお楽しみください。
新庭の特別公開期間を延長します_f0101949_15375533.jpg

by kikuyake-jutaku | 2019-11-29 15:38

紅葉は今が見ごろ

菊屋家住宅の書院庭園のモミジが見頃を迎えています
朝の冷え込みの影響もあって、書院庭園のモミジは綺麗に紅く染まっています。
まさに、今が見頃です。
書院庭園は、常緑の松やマキを中心として葉の色を変えるモミジを植えこみ、
季節の変化を楽しんでもらうような庭園の作りとなっています。
毛利の殿様がお客様を迎えるために作られた
書院座敷からの紅葉をお楽しみください。
紅葉は今が見ごろ_f0101949_15375928.jpg

紅葉は今が見ごろ_f0101949_15445126.jpg
明治から昭和にかけて作庭された新庭の紅葉も進んでいます。
こちらも特別公開中です。お楽しみください。

紅葉は今が見ごろ_f0101949_15502898.jpg

紅葉は今が見ごろ_f0101949_15515498.jpg


深まる秋。
世界遺産の真ん中に広がる庭園の散策をお楽しみください。

菊屋家住宅の書院では、雪舟の「破墨山水図」も展示しています。
秋の庭園と雪舟。贅沢にご観覧ください。




by kikuyake-jutaku | 2019-11-21 15:58

書院庭園のライトアップ

菊屋家住宅では、書院及び主屋の夜間特別開館を行います。
11月16日(土)午後6時から。

菊屋家住宅の夜間開館は初めての試みです。
美しく色づいた江戸時代からの庭園をライトアップします。
また、重要文化財に指定された主屋座敷も主屋やさしく行燈で照らします。
静かな秋の夜長、
世界遺産に登録された城下町の真ん中に浮かび上がる庭園美をお楽しみください。
書院庭園のライトアップ_f0101949_16152108.jpg

書院庭園のライトアップ_f0101949_16180874.jpg
今日の書院庭園。綺麗ですよ。

日時令和元年11月16日(土)午後6時~8時
開館場所重要文化財菊屋家住宅 書院及び主屋
入館料特別料金 大人450円 和服の方、中高生以下の方は無料

by kikuyake-jutaku | 2019-11-14 16:22

現在、特別公開している菊屋家住宅の「新庭」の紅葉も進んできました。
多くのお客様をお迎えし、土曜日、日曜日にはお抹茶の席も設け、秋の庭園をお楽しみいただいています。
今日の「新庭」です。色づき始めてます。

雪舟「破墨山水図」を展示_f0101949_10145888.jpg
雪舟「破墨山水図」を展示_f0101949_15115050.jpg
雪舟「破墨山水図」を展示_f0101949_15081320.jpg



さて、11月2日(土)から菊屋家住宅の書院で
雪舟の「破墨山水図」の展示を行います。
雪舟の真筆は数少く、この「破墨山水図」は雪舟の晩年の作品で、中国(明)の長安の風景を思い出して描かれたものです。

雪舟「破墨山水図」を展示_f0101949_09474992.jpg
TBS系のテレビ番組「ぴったんこカンカン」でも紹介され、
お客様からも展示の要望の強かった雪舟の作品「破墨山水図」を
是非ご覧ください。
展示期間:令和元年11月2日(土)~12月1日(日)

by kikuyake-jutaku | 2019-10-27 10:18

萩・竹灯路物語 開催

10月12日午後6時から萩・竹灯路物語の開会式が
萩城城下町香雪園で行われました。
昨日は、強風のため4000個の竹灯籠への点火はできませんでしたが、
菊屋横町の一部竹灯籠に灯りがともされました。
萩・竹灯路物語 開催_f0101949_10320831.jpeg
昼間の風景とは異なる柔らかな灯りに、菊屋家住宅の白壁となまこ壁がうかび上がり
やさしい気持ちにさせてくれます。
本日の萩・竹灯路物語の点灯も、台風による強風のため中止となりました。残念ですね。

また、菊屋家住宅でも、本日、書院庭園をライトアップする夜間特別開館を行う予定でしたが、
強風のため、残念ながら中止とさせていただきます。
初めての取組で、一同、気合を入れて準備していただけに残念です。
イメージはこんな感じです。
萩・竹灯路物語 開催_f0101949_10435234.jpg

夜間のライトアップは、また日にちを改めて実施しますのでお楽しみに。




by kikuyake-jutaku | 2019-10-12 10:53

着物ウィークお茶会

10月1日から着物ウィークin萩が始まって、初めての日曜日。
菊屋横町にも多くの着物姿の皆さんが散策を楽しまれています。

着物ウィークお茶会_f0101949_14194362.jpg

今日は、茶道裏千家淡交会 萩青年部の皆さんが
菊屋家住宅の新座敷でお茶会を開催されています。
着物ウィークお茶会_f0101949_14293500.jpg

今回は、お茶会に合わせて、お茶会未経験の方を対象に、
お点前、お茶会体験ができる「着物で茶道体験」のイベントも行われ、
高校生、大学生など参加者の皆さんは、
お辞儀の仕方からお茶の飲み方、お菓子やお茶の出し方など、
初めてのお茶会体験をされています。
緊張もあるかもしれませんが、皆さん大変楽しそうです。
着物ウィークお茶会_f0101949_14203918.jpg

着物ウィークお茶会_f0101949_14233694.jpg


菊屋家を中心とする萩城城下町一帯は、
本当に着物姿が似合う町です。
着物でまち歩きをお楽しみください。

10月11日からは、萩・竹灯路物語が始まります。
菊屋家住宅も12日(土)には、夜間開館を行います。
書院庭園のライトアップ。初めての試みです。
時間は、10月12日の18時から20時まで
料金はおひとり様、500円。(中高生、小学生は無料)
着物の方は無料とさせていただきます。
普段見ることのできる庭園とは異なる庭園風景をお楽しみください。
お待ちいたしております。

by kikuyake-jutaku | 2019-10-06 15:37