菊屋家住宅この頃


初夏 春の新庭の特別公開

樹々が一斉に芽吹き、新緑の美しい季節になりました。

この時期に合わせ、普段は非公開となっている菊屋家住宅新庭を特別公開します。

この庭は、面積約500坪の築山式枯山水庭園で、江戸、明治、大正、昭和にわたり作庭されたもので、

正面に築山を配し、枯瀧、枯流、枯池及び中島から構成される回遊式庭園となっています。

樹木は土塀際に高木を配し、針葉樹、常緑樹、落葉樹と色とりどりの配置となっており、正面は芝生となっています。

敷地内の明治32年の伊藤博文公の萩帰省の際に宿泊された「御部屋」、

東伏見宮妃殿下をお迎えするため昭和9年に新築された「新座敷」もご覧いただけます。


期間中の一部の土・日・祝日には、新庭をゆっくりご覧いただけるよう呈茶席も設けております。

新緑の中、爽やかな風とお抹茶をお楽しみください。


期間 平成30428日(土)~63日(日)

呈茶 期間中の土・日・祝日(一部除く)1100から1600  一服500円(お菓子付き)

f0101949_16150578.jpg
f0101949_16484535.jpg


[PR]
by kikuyake-jutaku | 2018-04-13 16:52 | 菊屋家住宅 催事情報

<< 庭園の特別公開と呈茶席      五月人形を展示します >>

菊屋家住宅の近況などをお伝えします。
by kikuyake-jutaku